イメージテキスト

  • イメージ

  • イメージ

  • イメージ

  • イメージ

サニーサイドアップ所属アスリートの“人生"を共に生きる、という仕事 飯島夏樹「天国で君に逢えたら」プロデュース

クライアント
活動期間
1990年〜

概要

サニーサイドアップ2番目の所属アスリートであった飯島夏樹。ワールドカップに8年連続出場したプロウィンドサーファーとしての絶頂期から、歩みを共にしてきました。2002年、癌発症、そして余命宣告。私たちは、「作家」の道に生きがいを見出すようになった彼の夢をサポートすることを決め、ドキュメンタリー番組を皮切りに、小説『天国で君に逢えたら』の出版を実現。彼の想いを多くの人に伝えるため、複数メディアでのコンテンツ化を実現しました。

URL
飯島夏樹 プロフィール

活動内容

一流のアスリートではあっても小説の執筆は未経験だった飯島夏樹の想いを、少しでも多くの人に伝えるため、まず始めに本人のドキュメンタリー番組制作から着手。彼の生き様を知らしめることで書籍出版を実現させ、結果的にエッセイ・小説を合わせ3作品で75万部を超すベストセラーとなりました。またエッセイと小説を元に、映画化とドラマ化も実現。没後も、メモリアル写真展、イベントの企画制作や書籍の教材転用を行うなど、今も彼の想いを伝え続けています。私たちが“アスリートを支えるとはどういうことか”を考えさせられたプロジェクトでもありました。

ページの先頭へ戻る