イメージテキスト

テキスト

“サニーサイドアップで働きたい”、
新卒・中途問わず年々強い想いを持った方からの応募を、期を重ねるごとに沢山頂くようになりました。弊社の企業マインドに共感してくださる方がこんなにも増えていることに喜びを感じると共に、会社として規模が拡大していることに、責任も感じています。

採用は、入試とは違い、優秀な人を上から機械的に採るわけではありません。面接で出会う刺激的な一人ひとりの個性や情熱との狭間で悩みながら、私たちも真剣勝負で「採用」という責任ある決断をさせて頂いています。ゆえにサニーサイドアップの一員になった仲間たちには、月並みな表現ではありますが、“縁があった”としか言いようのない絆を感じます。

私たちは、自分たち自身がワクワクしたい、楽しいと思うことを形にしたいというチャレンジの連続から、「やっぱりこういうことを仕掛けるのはサニーサイドアップらしいよね」という評価を頂くにいたりました。ですが、楽しいと思う事を形にするのは、本当に苦労の連続です。一見きらびやかに見える仕事も、地道な作業が一日の大半を占めています。
だからこそ、サニーサイドアップに入って何がしたいのか、会社を通じて何をやってみたいのか、仕事でどんな喜びを得たいのか、ひいては自分の人生の中で仕事とは「何か」を、ぜひまずは考えてみてください。

“サニーサイドアップはどんな人が向いているのですか” という質問も、よく受けます。私たちは企業や団体、国や自治体、個人も含めてさまざまな対象に関わり、それを伝えたり、ともに価値をつくりあげたりする仕事をしています。好奇心やチャレンジ精神が旺盛な人にとっては、活躍のフィールドは無限に広がり、たくさんのチャンスに巡り会うこともできるでしょう。

もちろん仕事はチームワークで行うもの。「これをやってみよう」と思いつく人だけでなく、それをプロジェクトとしてデザインする人、ニュースにしていく人、確実に実行していく人、さまざまな役割が必要です。お祭りをつくることが楽しいと思える人、世の中が動いているなぁと感じられる距離にいたい人には、きっと自分の役割が見つけられるはずです。

誰も開けたことのないドアの向こうが見てみたいーー。
そんな好奇心が少しでもあれば、躊躇なく、私たちのもとに飛び込んできてください。

ページの先頭へ戻る