イメージテキスト

社長メッセージ

サニーサイドアップは2017年に33期を迎えました。

企業環境の変化のスピードが年々早くなっていく中で、会社の寿命と言われる30年を
越えてもなお、わたしたちが成長し続けていられるのは、変化し続けること自体が
わたしたちの使命だったからに他なりません。

ニュースやコンテンツづくりを通してたくさんの方に共感を与え、そのたくさんの方が行動を起こすことで共に世の空気を変えていく。これがわたしたちの仕事です。
この仕事を成功させ続けるためには、私たち自身が常に新鮮な驚きとともに
“はじめて”を世に送り出し続けなければなりませんでした。

決して楽ではないこの仕事を、今も多くのスタッフとともに続けていられるのは、
“はじめて”が生まれる瞬間に、私たち自身が最も近くで興奮し、
人々が喜ぶ顔をみて楽しさを感じられているからこそ。
「常に時代をキャッチアップし、しがらみや常識を無視したアイデアを繰り出す、
そんなやんちゃな会社」 お客様からの評価も私たちを成長させてくれました。

そして歴史を重ねても、私たちの好奇心は衰えることはありません。

大きな祭典が待つ2020年ですが、その先の未来は、漠然とした不安と共に語られる
ことが少なくありません。「人口減少」「地方消滅」「AIによる働き方の転換」…

言い尽くされた感のある言葉が行く手を覆っていますが、
私たちは、ものごとは光の当て方次第で絶望も希望も生み出すということ、
世の中の空気はいつの時代も人の心がつくっているということを知っています。

このPR的な発想を原点としてきた私たちの大きな使命。それは人が生きる社会に、
明日の希望と活力を植え付けるようなニュースをつくり続けていくことです。

“たのしいさわぎ”をおこし続けてきた私たちのこれからにも、どうぞご期待ください。

サイン

ページの先頭へ戻る