イメージテキスト

  • イメージ

  • イメージ

  • イメージ

  • イメージ

2020年までに留学者数倍増を目指す!文科省初の留学促進キャンペーン 文部科学省の海外留学支援事業(トビタテ!留学JAPANのPR活動など)

イメージ
クライアント
文部科学省
活動期間
2018年4月~継続中

概要

2020年までに、海外留学する学生を倍増する目標を掲げてスタートした、文部科学省初の官民協働留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」のPRを主に担当。「トビタテ!留学JAPAN」の主な取り組みである「日本代表プログラム」は、100%民間の寄附を財源とし、民間企業約230社から116億円以上の寄付が集まり、返済不要の奨学金でサポートする留学支援制度です。留学期間やテーマを自由に設定でき、渡航先100か国以上、多様な7コースを用意。座学だけではない多様な留学を通じて、 産業界を中心に社会で求められる人材、世界で活躍できる人材の育成を目指し、既に6,000名以上を選抜し約100か国に留学しています。

URL : https://www.tobitate.mext.go.jp/index.html

活動内容

PR活動のほか、様々な専門会社と協力し、WEBサイトや、チラシやポスター等紙媒体の制作、広告展開、説明会やイベントの開催等、コミュニケーション全般を担当。同世代目線の海外情報をSNS上でシェアすることで内向きな高校生を外向きにする企画として、ソーシャル部活動「#せかい部」を発足したほか、留学した高校生の留学前後を密着し成長を捉えたドキュメンタリームービーの制作も実施し、様々な切り口で留学への理解促進と機運醸成に寄与しました。

ページの先頭へ戻る