イメージテキスト

  • イメージ

  • イメージ

  • イメージ

  • イメージ

東京の名所・浅草寺が、1日限りのスポーツタウンに変身! 東京スポーツタウン2011 企画立案・実施

クライアント
主催=東京都、東京スポーツタウン実行委員会
活動期間
2011年7月30日

概要

間近で見る機会の少ないスポーツアトラクションの迫力や技を再発見し、アスリートと共にスポーツを体感できる市民参加型イベント。
浅草・浅草寺境内にゲストアスリートを招き、平均台や鉄棒などの体操競技、短距離走やハードル走といった陸上競技のデモンストレーションを行うほか、フェンシングやクライミングなど各種体験型のイベントも実施。当日は、「世界体操東京2011」の日本代表に内定した内村航平選手、鶴見虹子選手も会場に駆けつけ、子供たちを中心に競技の実技指導やトークショーを行いました。

URL
http://www.metro.tokyo.jp/INET/EVENT/2011/06/21l6o200.htm

活動内容

東京ストリート陸上をはじめとする都心でのスポーツイベント実施実績を生かし、イベントならびにPR企画を立案・実施。
浅草寺の境内という会場設定、さらには出来たばかりのスカイツリーも見えるという絶好のロケーションにおいて、どの競技をどのスペースで展開すればベストな報道用写真を撮影してもらえるのかといった、通常の競技場とは違う都心ならではの”画作り”といった点で、PRのノウハウとスポーツイベントのノウハウを十分に活かし、大きな成功を収めることができました。また、本イベントを通して「世界体操東京2011」および「スポーツ祭東京2013」への関心を喚起しました。

ページの先頭へ戻る