イメージテキスト

  • イメージ

  • イメージ

マスとソーシャルの両輪で最大限の効果を生み出すアートイベントのPR活動 「六本木アートナイト」PR・プロモーション活動

イメージ
クライアント
六本木アートナイト実行委員会 【国立新美術館、サントリー美術館、東京ミッドタウン、21_21 DESIGN SIGHT、森美術館、森ビル、六本木商店街振興組合(五十音順)】
活動期間
2010年~2013年

概要

六本木の街中が2日間オールナイトでアートに彩られる「六本木アートナイト」。アート作品のみならず、デザイン、音楽、映像、パフォーマンス等の多様な作品を街中に点在させ、非日常的な一夜限りの体験をつくり出します。

URL
roppongiartnight.com

活動内容

サニーサイドアップは、イベント集客のため、認知度アップを目的とした事前告知のパブリシティ企画・実施から、集客プロモーション、当日のメディア誘致・対応、事後パブリシティまで一連のPR活動を実施。「六本木アートナイト2010」では、2日間で延べ鑑賞者70万人が六本木の街に集まりました。
限られた予算の中で広報活動の選択と集中を行い、効率的に一般来場者の集客を図ることが使命だったことから、マスメディアを使ったパブリシティ活動と、ソーシャルメディアを使ったアートコミュニティ間でのコミュニケーション活動をバランスよく実施。開催前から当日までに多くの生活者の期待感を高め、アートファンはもちろんのこと、普段アートに接する機会のない人にもアートの素晴らしさを感じてもらえるよう、幅広いメディアで露出し、認知度アップ、そして集客に貢献しました。

ページの先頭へ戻る