イメージ

徳田 耕太郎Kotaro Tokuda

フリースタイルフットボーラー

プロフィール

13歳の頃に「NIKE フリースタイルフットボール」という本に影響を受けてフリースタイルフットボールを始める。 2年後には愛媛県よりパフォーマンス活動を始め、その楽しさからその後も続けることを決意し、フリースタイルフットボールチーム「Team-Lingo」のリーダーを務めるなど、数々のステージを経験する。

2009年5月には初出場となる大会「Red Bull Street Style Japan 名古屋予選」に出場し、5位の成績を収めて決勝戦への切符を獲得。 続く、全日本大会「Red Bull Street Style Japan Final」では史上最年少となる若干17歳で見事優勝を獲得し、 世界大会である「Red Bull Street Style World Final 2010」へ日本代表として出場権を獲得。
そして翌年の2010年4月、南アフリカで開催された世界大会「Red Bull Street Style World Final」に日本代表として出場するも4勝2敗で惜しくも予選敗退。

その後、2011年3月にアブダビにて行われた「Masters of the Game」ではベスト6の成績を収め、 同年9月に行われた世界大会「World Freestyle Football Championship 2011」に日本代表として世界16名の出場選手に選抜され、自己最高となる4位入賞を果たした。さらに、同日行われたトリックコンテストでは日本人では初となる世界の舞台での優勝を獲得し技術の高さを世界に証明した。そして、2012年に世界6都市で開催される世界大会「2012 Red Bull Street Style World Final Italy 」にて日本人として初めて優勝し、大きな話題となった。現在も、日本国内を中心に全国各地でパフォーマンス活動やレクチャー、クリニックなど精力的に活動している。

主な戦歴

2009年
日本大会 Red Bull Street Style Japan Final 2009 優勝
日本大会 Red Bull Street Style Japan 名古屋予選 5位
2010年
世界大会 Red Bull Street Style World Final 2010 日本代表として出場
2011年
世界大会 World Freetyle Football Championships 2011 Malaysia Big one 優勝
世界大会 World Freetyle Football Championships 2011 Malaysia 4位入賞
世界大会 Masters of the Game World Championships 2011 ベスト6
2012年
世界大会 Red Bull Street Style World Final 2012 優勝
世界大会 Super Ball 2012 – Show Flow 優勝
日本大会 Red Bull Street Style Japan Final 2012 優勝
2013年
世界大会 Red Bull Street Style World Final 2012 第4位
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

ページの先頭へ戻る