イメージ

米田 功Isao Yoneda

体操解説者

  • 生年月日 1977年8月20日
  • 身長/体重 171cm/64kg
  • 出身地 大阪府
  • 血液型 A型
  • 所属 徳洲会体操クラブ
  • 関連サイト
  • 肩書
    • 株式会社CARTWHEEL(米田功体操クラブ)代表取締役
    • 徳洲会体操クラブ監督
    • 公益財団法人日本体操協会常務理事
    • 一般社団法人日本メンタルトレーナー協会

プロフィール

7歳から体操を始め、全国中学生大会で個人総合優勝。清風高校時代にインターハイで個人総合2位。順天堂大学に進み、1997年の全日本学生選手権個人総合2位、1998年のNHK杯で個人総合優勝。1999年には全日本学生選手権個人総合優勝、全日本選手権の鉄棒で優勝を果たす。

シドニーオリンピックでは、まさかの代表落選。その雪辱を晴らし、2004年のアテネオリンピックでは日本男子体操のキャプテンとしてチームを牽引。団体で28年ぶりとなる金メダルを獲得。種目別の鉄棒でも素晴らしい演技を見せ、銅メダルを獲得。アテネオリンピック後の度重なる手術を乗り越えた2008年NHK杯での演技は、観る者に感動を与えた。

惜しくも北京オリンピック代表の座を逃したが、 金メダリストとしての経験をもとに、2009年からメンタルトレーナーとしての活動をスタート。そして、自身の体操クラブである米田功体操クラブを2012年に設立。また、同年に自身初の著書となる「見えない壁を壊す(光文社)」を出版。また、解説者としても活躍し、世界体操や全日本選手権などの解説も行う。

2012年ロンドンオリンピックでの公式の解説者として日本体操の活躍を解説。
2013年1月からは、徳洲会体操クラブの監督として日本体操金メダル奪還に向け、指導者としての道を歩んでいる。

主な戦歴

1998年
NHK杯<個人優勝> ワールドカップ<ゆか3位>
1999年
全日本学生選手権<個人優勝> NHK杯<個人3位> 全日本選手権<鉄棒優勝>
2002年
世界種目別選手権<鉄棒5位>
2003年
全日本選手権<団体優勝、個人優勝、ゆか優勝>
2004年
NHK杯<個人優勝> 社会人選手権<団体優勝、個人優勝>
全日本選手権<団体優勝、個人3位、鉄棒優勝>
アテネオリンピック<団体優勝、個人総合11位、鉄棒3位>
ワールドカップ<ゆか2位、鉄棒2位>
2007年
社会人選手権<個人総合5位>
2008年
NHK杯<個人総合8位>
現役引退
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

ページの先頭へ戻る