イメージ

中田 英寿Hidetoshi Nakata

一般財団法人TAKE ACTION FOUNDATION代表理事

プロフィール

山梨県立韮崎高校卒業後、Jリーグ ベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)に入団。オリンピック日本代表にチーム最年少で選出され、1996年アトランタオリンピックに出場。

1998年イタリアセリエAのA.C.ペルージャへ電撃移籍、開幕のユベントス戦で2得点をするなど活躍。日本人の海外移籍への門を大きく開いた。その後、名門A.S.ローマなど伊英のトップチームで活躍。日本代表では28年ぶりの五輪出場、初のW杯出場と日本代表としても世界への扉を開いた。2006年ドイツW杯のブラジル戦を最後に29歳で現役を引退。

引退後は、世界を旅し、世界の問題点をできることから解決しようと2008年、「TAKE ACTION!2008 +1」キャンペーン」を立ち上げる。2009年1月、一般財団法人 TAKE ACTION FOUNDATIONを設立。また、観光庁アドバイザリー・ボードのメンバーに就任する。2009年4月より“日本の旅”を開始、この活動をきっかけにTA財団主催で伝統文化・工芸などを支援するプロジェクト「REVALUE NIPPON PROJECT」をスタート。2003年より、東ハト 執行役員CBO(最高ブランド責任者)を務める。

2014年、「GOLDEN FOOT AWARD 2014」にて、サッカーの歴史上に偉大な功績を残した引退選手に贈られる “オール・タイム・レジェンド” をアジア人として初めて受賞。

歴代所属チーム

● ベルマーレ平塚(現:湘南ベルマーレ)<日本>
● A.C.ペルージャ<イタリア>
● A.S.ローマ<イタリア>
● パルマA.C.<イタリア>
● ボローニャF.C.<イタリア>
● ACFフィオレンティーナ<イタリア>
● ボルトン・ワンダラーズF.C.<イギリス>

日本代表歴(主な試合)

1992年
U-16アジアユース
1993年
U-17アジアユース(ベスト8)
1994年
U-19アジアユース
1995年
ワールドユース(ベスト8)
1996年
アトランタ五輪
1998年
フランスW杯
2000年
シドニー五輪
2001年
コンフェデレーションズカップ(準優勝)
2002年
日韓W杯決勝(ベスト16)
2003年
コンフェデレーションズカップ
2005年
コンフェデレーションズカップ
2006年
ドイツW杯

受賞歴

1997年
リーグベスト11
1997年
AFC 年間最優秀選手賞
日本プロスポーツ大賞(内閣総理大臣杯授与)大賞
1998年
AFC 年間最優秀選手賞
日本プロスポーツ大賞(内閣総理大臣杯授与)殊勲賞
00-01
セリエA 優勝(スクデッド)
01-02
イタリア杯 優勝
2006年
イタリア連帯の星勲章受賞
カヴァリエーレ勲位
2014年
GOLDEN FOOT AWARD 2014 オールタイムレジェンド受賞

ページの先頭へ戻る