アジア太平洋地域最大の広告・マーケティングメディア 「Campaign Asia Pacific」が主催するアワード 「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2019」において、3賞を受賞! | 最新情報
NEWS

アジア太平洋地域最大の広告・マーケティングメディア 「Campaign Asia Pacific」が主催するアワード 「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2019」において、3賞を受賞!

 株式会社サニーサイドアップ(東京都渋谷区、代表取締役社長:次原悦子)は、アジア太平洋地域最大の広告・マーケティングメディア「Campaign Asia Pacific」が主催するアワード「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2019(日本・韓国)」において、「PRエージェンシー・オブ・ザ・イヤー」を含む計3つの賞を受賞いたしました。

企業を表彰するエージェンシー部門においては、「インディペンデントエージェンシー・オブ・ザ・イヤー」にて金賞、「PRエージェンシー・オブ・ザ・イヤー」にて銀賞を受賞。また個人/チーム部門においても、当社代表取締役社長の次原悦子が、優れた経営者に贈られる「エージェンシー・ヘッド・オブ・ザ・イヤー」にて金賞を受賞いたしました。

当社は1985年にPR会社として創業して以来、「たのしいさわぎをおこしたい」というスローガンのもと、独自のマーケティング・コミュニケーションノウハウによって様々なムーブメントを世の中に送り出し続けてきました。201812月には東証市場第一部銘柄指定を果たし、20196月期の業績は創業以来の最高益を記録するなど、企業としての事業規模を拡大。また10代にして創業メンバーであった現社長が、30年以上に渡り経営をけん引し続けており、“創業以来、女性が代表を務め続けているエージェンシー”としても世界的に稀有な存在である点などが評価され、各賞の受賞に至りました。

今後も、創業以来変わらぬ「たのしいさわぎをおこしたい」というスローガンのもと、人の可能性や未来に希望を感じさせる明るいニュースやプロジェクト、ムーブメントを世の中に発信してまいります。

■「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」について
「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」は、東南アジア、日本/韓国、中華圏、南アジア、オーストラリア/ニュージーランドの5つの地域別に、PR/広告/コミュニケーションビジネスにおける実績を「Campaign Asia Pacific」が評価するアワードです。https://www.aoyawards.com/