SSU Statement for SDGs ~SDGsムーブメント宣言~ | 最新情報
NEWS

SSU Statement for SDGs ~SDGsムーブメント宣言~

当社は、国連総会の会期にあわせて世界規模で展開される「SDGs週間※1」を前に、「SSU Statement for SDGs ~SDGsムーブメント宣言~(以下、本宣言)」を表明いたします。

SDGs(持続可能な開発目標)は、国連サミットで採択された2030年までの国際目標です。 “地球上の誰一人として置き去りにしないこと”を共通理念とし、貧困、教育、ジェンダー、エネルギー等、17の課題解決に向けた取り組みが世界中で行われています。

「世界のSDGs達成度ランキング※2」によると、日本は162カ国中15位という結果ではあるものの、ジェンダー平等や気候変動対策などには大きな課題があると指摘されています。こうした現状を踏まえ、当社は独自のPRコミュニケーションのノウハウを通じて、SDGs達成への社会的気運をさらに高めるとともに、SDGs達成に向けた取り組みを推進するあらゆる企業・団体さまの価値向上の貢献に積極的に取り組むことを宣言します。

本宣言に伴う具体的な活動の第一弾として、以下の取り組みを開始します。

1)一般社団法人 ウーマンイノベーション、一般財団法人 渋谷区観光協会と公式PRパートナーシップを締結するとともに、一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)ともコラボレーションし、社会的に大きな影響力をもつ各団体のSDGs推進に関わる活動の広報支援を行います。当社が35年間で手がけてきた、社会機運を醸成する活動のノウハウと知見を提供することで、各団体が掲げるSDGsの達成をコミュニケーション領域からサポートします。

2)エキスパートメンバーによるSDGsサポートユニットを組成し、SDGsへの取り組みを推進するあらゆる企業・団体の活動を強力にサポートする体制を構築します。同ユニットでは、企業価値を高める戦略的フォーマットに基づいたコンサルティングを行うことで、当社がこれまでさまざまな社会貢献活動を通じて培ってきたPRプロモーション、メディアリレーション、コンテンツマーケティング等のノウハウを駆使した実効性の高いソリューションを提供します。

世界規模の課題を一企業で解決することは到底できません。しかし、ニュースやコンテンツを通じて多くの人々の共感を呼び、行動を喚起して既成概念や慣習を変えてきた当社だからこそ、その解決に尽力することは社会的な責務だと考えます。本宣言により、SDGs達成への社会的気運をさらに高め、2030年までの目標達成に貢献できるよう、強い意志をもって活動を進めてまいります。

1:毎年9月末の国連総会の会期と合わせた1週間は、SDGsの推進と達成に向けて意識を高め、行動を喚起する「SDGs週間(グローバル・ゴールズ・ウィーク)」とされています。2016年に、Project Everyone、国連開発計画、国連財団らによって発足されました。2019年は9月22()から29()と設定されています。
2:出典「国連持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)調査」