日本人女性初!当社代表取締役社長・次原悦子の国際PR協会プレジデント(会長)就任が決定 | 最新情報 | PR会社 | 株式会社サニーサイドアップ | SUNNY SIDE UP Inc.
NEWS

日本人女性初!当社代表取締役社長・次原悦子の国際PR協会プレジデント(会長)就任が決定

株式会社サニーサイドアップグループ(本社:東京都渋谷区)の代表取締役社長である次原悦子が、国際PR協会(International Public Relations Association、以下「IPRA」)のプレジデント(会長)に就任することが決定しました。次原は2019年にボードメンバーに初選出された後、3年連続でボードメンバーとして活動。今回、日本人女性で初めてプレジデントとして選出され、任期は2022年1月1日~2022年12月31日の一年間となります。

IPRA(本部:イギリス、設立:1955年)は、国際連合からも正式な認定を受けている世界規模のPR協会です。設立から半世紀以上にわたり、PRに関する論理・実務・技能の全世界的な向上を目的とした活動を実施。今では世界100カ国以上のPR会社を始めとした企業が加盟しており、PR業界において最も権威のある団体として知られています。

また、同協会が1990年に創設し、世界の優れたPRプロジェクトを表彰する「ゴールデン・ワールド・アワーズ」は、毎年世界中からエントリーが寄せられる、PR業界を代表するアワードの一つとなっています。

理事会を構成するボードメンバーは、世界各国を代表するPR会社・広告会社から選ばれた合計19名(2021年現在)で構成されており、次原はボードメンバーの中で唯一の日本人です。今後、次原は世界のPR業界を牽引するボードメンバーをまとめるプレジデントとして、「CONNECT」をテーマに活動。次原およびサニーサイドアップグループが各国のPR会社を繋ぐ“ハブスポット”となり、企業や個人同士のネットワークを広げていくこと、そしてIPRAの世界的な認知度向上を目標に一年間活動をしてまいります。

世界を繋ぐ「たのしいさわぎ」に是非ご期待ください。

IPRA公式HP:https://www.ipra.org/governance/board/members/
※2022年の正式なボードメンバーは後日発表予定です