イメージ

浦田 聖子Satoko Urata

プロビーチバレーボール選手

プロフィール

インドアバレーボール時代、NECレッドロケッツで2度の優勝を経験。
2002年にインドアからビーチへ転向。シドニーオリンピックで4位に輝いた佐伯美香とペアを組み急激に力をつける。その後、2004年ビーチバレージャパンにて優勝するなど、実力派プレーヤーとなる。2006年のアジア競技大会に日本代表として選出され、2007年ジャパンツアーお台場大会、全日本女子選手権で優勝をおさめる。2008年テレビ朝日放送主催の六本木ヒルズで開催されたチャンピオンカップにも出場を果たす。

2009年からは、北京オリンピックにも出場した楠原千秋とペアを組み、ジャパンツアーお台場大会で優勝をおさめる。また、ビーチバレー選手としては異例となる七色の水着をユニフォームとし、話題を集める。2010年からは、西堀健実とペアを組み、話題を集める。2012年のロンドン五輪の入賞を目指すも惜しくも叶わなかったが、2016年のリオデジャネイロオリンピックへの出場を目指している。また、2009年クラリーノ美脚大賞を受賞するなど美女アスリートとして人気を集める。

主な戦歴

2009年
ジャパンツアー 愛知大会 準優勝
ジャパンツアー お台場大会 優勝
ジャパンツアー 岡山大会 優勝
2010年
ジャパンツアー 第1戦 優勝
ジャパンツアー 第2戦 準優勝
ビーチバレージャパン 優勝
ジャパンツアー 第6戦 優勝
広州アジア大会 ベスト8
2011年
ジャパンツアー 第2戦 準優勝
ビーチバレージャパン 3位
ジャパンツアー 第4戦 優勝
ジャパンツアーグランドスラム大会 準優勝
ジャパンツアー 第6戦 3位
ジャパンツアー 第7戦 優勝
2012年
ジャパンツアー 第1戦 優勝
ジャパンツアー 第2戦 準優勝
ジャパンツアー 第3戦 優勝
ジャパンツアー 第5戦 3位
ジャパンツアー 第7戦 準優勝
2014年
ジャパンツアー 第1戦 3位
ジャパンツアー 第2戦 優勝
2015年
JVAシリーズA福岡大会 準優勝
JVAシリーズAファイナル大阪大会 準優勝
JBV川崎市長杯 優勝
  • イメージ
  • イメージ

ページの先頭へ戻る