イメージテキスト

サニーサイドアップ 7月24日(月)実施の「テレワーク・デイ」に参加

“たのしいさわぎをおこしたい”を創業来のスローガンとするPR会社、株式会社サニーサイドアップ (本社:東京都渋谷区 代表:次原悦子 以下サニーサイドアップ) は、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府や東京都、経済界と連携した働き方改革の一環である「テレワーク・デイ」に参加します。

弊社では、2017年7月24日(月)の終日、在宅勤務やモバイルワーク、本人が指定した場所など自身のワークスタイルに合った場所で業務を行うテレワークを実施いたします。2020年、東京オリンピック・パラリンピック競技大会期間中、東京では大変な交通機関の渋滞や混乱が予想されております。大会の成功の為には、朝の通勤電車などを利用せずに、在宅勤務やモバイルワークといった、テレワーク一斉実施を行う必要性があると言われております。

東日本大震災後、東京で深刻な問題になっていた夏のピーク時の電力不足解消の為に、8月の毎週金曜日を在宅勤務とした弊社では、現在も毎月一日を「Happy Sunny Days」と名付け、在宅勤務、または外出・直帰を推進する日としてテレワークを推奨して参りました。また、2017年2月24日よりスタートした「プレミアムフライデー」においては、毎月最終金曜日の15時にオフィスをクローズし、退社する社員に対し、プレミアムフライデー支援金を配布するなど、会社の生産性や従業員満足の向上、ワークライフバランスの改善のため、「働き方改革」に積極的に取り組み続けております。

これまで以上に多くの企業がこうした取り組みに共鳴し、参加することで、社会的なムーブメントになって初めて「働き方改革」が実現すると考える弊社では、今回の「テレワーク・デイ」に参加するため、実施主旨である「朝の通勤時間帯の交通機関混雑緩和」を解決するための施策を社内から選定し、7月24日(月)に自ら実施することで、その取り組みを世の中に発信して参ります。

サニーサイドアップ “テレワーク・デイ プラン”

実施日 : 2017年7月24日(月)10:00~19:00
対象者 : グループ管理本部を除く全社員対象

「在宅作業」プラン
 万全のセキュリティを施したパソコン等の社外への持ち出しを許可し、在宅勤務、または外出先で
モバイルワークを推奨します。

■「下り電車に乗ろう」プラン
 ①都心に向かう混雑した“上り電車”ではなく、郊外に向かう“下り電車”に乗って、遠方のお客様
との打ち合わせやご挨拶に伺います。
②週末の渋滞をよそに平日のゆったりした「海の家」でチームミーティングを行います。
※交通費会社負担
③プロジェクトチームで高尾山を登りながら、アイデア会議を実施します。※交通費会社負担

■「電話会議」プラン
 海外のクライアントや国内遠方のお客様と自宅での電話・ビデオ会議を開催し、ゆったりじっくり
とミーティングを行います。

■「旅先からテレワーク」プラン
 土日の旅行を一日延泊し、月曜日も旅先からモバイルワークを実施します。

ページの先頭へ戻る