イメージテキスト

“日本初×日本発“ダイレクト・チャネルマーケティング 『Made in Japan おもてなしチャンネル』のサービスを12月より運用開始

株式会社サニーサイドアップ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:次原悦子 以降 サニーサイドアップに略)は、朝日放送グループの株式会社ABCインターナショナル(本社:東京都中央区 代表取締役社長:井上修作)、ホテル向けVODソリューションを提供するブリッジ・モーション・トゥモロー株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:島田創一)の三社合同で、日本初となるインバウンドメディアのサービス提供を12月より開始いたします。

全国18万室のホテル客室をインバウンドお土産ショップに変える“日本初×日本発“ダイレクト・チャネルマーケティング『Made in Japan おもてなしチャンネルです第一弾の提携先は、「訪日客に最も選ばれているホテル (※アパグループ調べ)」であるアパホテルとなります。

サービスの背景
訪日外国人旅行者は2014年に1,341万人、2015年には1,974万人に達しています。また訪日外国人旅行者の国内消費額も、2014年は2兆278億円、2015年には3兆4,771億円へと拡大しています。(※日本政府観光局調べ)
このような環境の中、「Made in Japan おもてなしチャンネル」は、ホテル滞在中という時間を利用して、良質な動画コンテンツを通じて「日本の良いものに触れる機会」を訪日観光客に提供するとともに、日本のまだ知られていない「本当に良いもの」を訪日観光客にアピールできる、国内製造業者とホテルの「おもてなし」価値向上に貢献するサービスとなります。

『Made in Japan おもてなしチャンネル』の特長
「ホテルの客室」という「観光客にとって最もパーソナルな空間」をマーケティングチャネル化することで、高い購買力を持つ訪日観光客に対してダイレクトにアプローチする方法を実現し、商品の認知から興味喚起まで効果的なマーケティングが可能。
l宿泊客の95%が利用するVOD(※)サービスを通じて、多言語対応の映像で商品の魅力を伝えるだけでなく、その場で端末決済ができるレジ機能、配送機能を付加することで、購買意欲を逃すことなくインバウンド需要を刈り取ることが可能に。

※VOD(ビデオ・オン・デマンド)ビデオ・オン・デマンド(Video On Demand)とは、視聴者が観たい時に様々な映像コンテンツを視聴することができるサービスのこと。略称「VOD」。別名「電子レンタルビデオ」。VODにおいて配信されるコンテンツは、公開済の映画や放送済の放送番組の他、オリジナルの映像作品を配信するものもある。課金方法としては、コンテンツごとに課金するもの(ペイ・パー・ビュー)、一定金額を支払えば観放題となるサービスを提供しているものとがある。

ページの先頭へ戻る